不動産売却の動向と今後について

【那覇市】土地売却などの不動産売却の動向と今後

那覇市は人口の増加により、住宅の需要が高まってきています。そのため、近年では那覇市の土地不足が問題になっています。那覇市に使っていない土地をお持ちで、売却を考えているなら、今が売り時でしょう。

こちらでは、土地売却を検討されている方に向けて、売却の流れをご紹介いたします。また、今後の不動産動向などについてもご紹介いたしますので、那覇市で土地売却をお考えの方はぜひ参考にしてください。

相談理由はどんなものが多い?!

不動産を売却する理由は人によって様々です。それに伴って、相談内容も多岐にわたります。実際に売却を考えている方の中にも、「こんな理由で売ってもいいのかな?」とお悩みの方は少なくありません。

こちらでは、不動産を売却するよくある理由についてご紹介いたします。また、土地売却にスポットをあてて売却の流れについてもご紹介いたしますので、那覇市で土地売却をお考えの際は、ぜひ参考にしてください。

よくある不動産売却のきっかけ

よくある不動産売却のきっかけ

不動産を売却するよくある理由は以下のような例があります。こちらではまず、よくある売却の理由について詳しく見ていきましょう。

転勤をきっかけに

家を建てたものの、転勤によって売却をするケースはとても多いです。しかし、転勤しても数年後に戻ってくるという予定がある場合には、賃貸で貸し出すという方法もあります。

また、子どもの独立で戸建てからマンションに引越する場合や、親と同居する場合などに売却をするといったケースも多いでしょう。

相続した家の売却

親や祖父母などの家族が亡くなった際、家を相続することは珍しいことではありません。自分もその家に住んでいる場合や、賃貸に住んでいる場合などは、相続後に住み続けることも可能です。

しかし、自分でも家を所有している場合や、相続した家が遠方の場合は管理も難しく、税金の問題も発生します。

また、兄弟など複数で相続した場合は、分配するために現金化することも多いです。現金化するために、相続した家を売却するというケースは少なくありません。

また、親から相続した家は、築年数による老朽化で査定価格が出せない場合があります。そのような場合は、家を解体して土地を売却するケースも多いです。

ローンの返済が困難

転職や失業などにより、ローンの返済が困難になって売却するケースもあります。特に最近の新型コロナウイルスの蔓延により、収入が減ってローンの返済が困難になったという方の相談も多くあります。自己破産による任意売却も増えています。

離婚をきっかけに

離婚をきっかけに家を売る方も多いです。どちらか一方が残って暮らす場合もありますが、再婚することをきっかけに売却の相談に来る方もいます。

土地売却の流れ

土地売却の流れ

次に土地売却にスポットをあてて、売却の流れをご紹介いたします。

1.売却査定

土地売却にあたって、まずは査定を受ける必要があります。土地の査定には机上査定と訪問査定の2種類があるため、不動産業者に依頼する際に自分に合ったどちらかを指定しましょう。

机上査定は、登記簿謄本などの情報から算出し、1~2日程度で概算の金額を知ることができます。訪問査定は、登記簿謄本といった書類の情報のほか、実際に訪問して土地の状態や周囲の状況などを合わせて算出しますので、1~2週間程度かかるのが一般的です。

土地の査定金額は業者によって異なりますので、複数の業者に依頼して比較してみましょう。

2.媒介契約(仲介の場合)

査定を受けたら、依頼する不動産会社を決め、媒介契約を締結します。媒介契約には以下の3種類があります。

  • 一般媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約

3つの契約の違いは、以下のとおりです。

  • 2社以上契約できるか
  • 自分で買主を探して直接取引ができるか
  • 活動報告の義務があるか
  • レインズへの登録義務

一般媒介契約は、複数社と契約できますが、ほかの2種類は1社のみの契約です。専属専任媒介では、自分で見つけた買主であっても不動産会社を通して仲介する必要がありますが、ほかの2種類は直接取引ができます。

一般媒介契約では活動報告の義務はありませんが、専任媒介契約は2週間に1回以上、専属専任媒介契約では1週間に1回以上の報告義務があります。

一般媒介契約はレインズの登録義務はありませんが、専任媒介契約は契約から7日以内、専属専任媒介契約は契約から5日以内に登録しなくてはいけません。

レインズとは、業者が見ることができる情報機関のことです。多くの業者はレインズを見て不動産を探すので、レインズに登録することで売却しやすくなります。

どの契約を締結するかは売主が選ぶことができますが、急いでない場合は一般媒介契約で十分でしょう。しかし、急いで売りたい場合は、ほかの2種類の契約がおすすめです。一般媒介契約は、熱心に広告や販売活動を行っても、無駄骨に終わる可能性が高いため、どうしても広告販売活動が弱くなってしまいます。

3.売買契約・引き渡し

買主が決まったら売買契約を締結して引き渡しをすれば売却完了です。

不動産売却の動向と今後について

那覇市で土地売却を検討する場合、不動産売却の動向や今後について把握しておく必要があります。土地の価格は時期によって変動しますので、高く売れる時期に高値で取引できるように工夫しましょう。

不動産業界全体では、新型コロナウイルスの影響が懸念されています。しかし、那覇市では比較的影響が少ないと言えます。そのうえ、那覇市の人口自体は年々増えていますので、今後も住宅や土地の需要は増加するでしょう。

こちらでは、土地売却の見当にあたり不動産の動向を知るための指標や、不動産の今後についてご紹介いたします。不動産売却を検討中の方はぜひ参考にしてください。

不動産売却の動向

不動産売却の動向

土地売却など、不動産売却の動向を知るためには、以下の指標があります。

不動産価格指数

国土交通省が毎月公表している、不動産の動向を表す指数です。住宅総合、マンション、商業用などの用途別に分けたデータを、全国、ブロック別、都市圏別、都道府県別に作成しています。

公示地価の推移

公示地価は、国土交通省が全国約26,000地点の標準地のデータをもとに、毎年1月1日時点における公示地価を発表しています。

基準値価格

基準地価格は、各都道府県知事が判定する価格で、毎年7月1日時点の1平方メートルあたりの価格を示したものとなります。地価公示価格と性質が似ていますが、公示時期が違うので使い分けることが可能です。

不動産売却において、新型コロナウイルスの影響は大きく、国土交通省の地価公示による令和3年1月1日時点の住宅地の地価動向は、平成28年以来5年ぶりの下落となっています。

しかし、沖縄の不動産売却ではダメージが少なく、特に地価や不動産価格が硬い那覇市においては、人口の分散もなく維持傾向もしくは盛り上がりをみせています。

那覇市は住宅の需要が高まっているうえに、空いている土地が少なくなってきているため、土地価格は上昇する可能性があります。那覇市で土地売却を検討されている方には有利な状態と言えるでしょう。

全国・那覇市にある不動産業界の今後

全国・那覇市にある不動産業界の今後

2020年から感染が拡大している新型コロナウイルスは、不動産業界にも影響を及ぼしています。こちらでは、今後の不動産業界についての見解をご紹介いたします。

不動産業界の現状

2015年から拡大傾向にあった不動産市場規模ですが、2020年4~6月期の「四半期別法人企業統計調査」によると、前年から大幅にダウンしています。これはコロナウイルスの影響が非常に大きいと言えるでしょう。

少子高齢化・人口減少

2019年に日本政府が発表した国土交通省主導による「不動産業ビジョン2030」によると、2030年までに少子高齢化・人口減少が急速に進むと想定され、これらは不動産業界にも大きく影響すると考えられています。

2022年問題

2022年問題とは、1992年に制定された生産緑地の使用制限解除されることの問題です。これによって、空き家の増加や宅地供給過多で価値が減少するのではと懸念されていました。

しかし、2018年4月の法改正によって、「田園住宅地域」という法律が新たに追加され、旧生産緑地における建築制限が設けられました。この改正には、宅地化や高層マンションなどの大規模開発を防ぐ効果があります。

いずれにしても、生産緑地については、東京都、大阪府、愛知県の3大都市圏に集中しているため、那覇市の不動産への影響はないでしょう。

那覇市の不動産需要や価格

那覇市は人口が増え続けているため、今後も一戸建ての需要は高まっていくと考えられます。特に、3,000~3,500万円台の木造系の分譲住宅では、月々のローンの支払い額が賃貸アパートの家賃と同じぐらいになりますので、年々人気が出ています。

那覇市の問題は土地が少ないことです。今後も、那覇市で土地を売却する際は、高値で売却できる可能性が高いでしょう。逆に、事業物件や民泊などの物件の需要は下がる傾向にあります。

那覇市の土地売却は安心して相談できる業者を選びましょう!

こちらでは、土地売却の流れをご紹介いたしました。気になる不動産売却の理由も興味深いものだったのではないでしょうか。那覇市はコロナ禍においても住宅需要が増えていますが、土地が少ないのが現状のため、土地の価格が上昇しています。

そのため、那覇市で活用されていない土地がある、すぐに現金化したいなどという場合は、売却をおすすめします。不動産業界の現状についても理解することで、売却に適したタイミングを見極めることができるでしょう。

那覇市にあるビクトリー企画株式会社は、売買専門店の不動産会社です。判断基準となる情報についてお客様に納得していただけるまで徹底的に調べ、メリットもデメリットも包み隠さずスピーディにご提供いたします。

30年もの売買取引の実績がありますので、土地の売却をお考えの際はお気軽にご相談ください。

那覇市で土地売却実績多数!ビクトリー企画株式会社

会社名 ビクトリー企画 株式会社
住所 沖縄県那覇市寄宮1-27-11 シャトレ城102
最寄り駅 沖縄都市モノレール安里駅
TEL 098-836-2001
サービス 不動産売買・任意売却・不動産有効活用・アパート投資・相続そうだん・不動産無料査定、その他不動産のお悩み相談60分無料サービス中(要予約)今すぐお電話お待ちしております。
営業時間 月曜日~金曜日:10:00~18:00
土曜日:10:00~17:00
休日:日曜祭日
URL https://www.victory-planning.jp/